給与計算ソフトの導入と利用による実態を見ていく

ビジネスで機能してくれる便利なITシステム

導入することで

勤怠管理システムのサービスと導入方法

勤怠管理は担当社員だけで行うことで、チェックに時間がかかったり、タイムカードなどの様式を毎月保管するなど社員数や支社数が増加すればするほど、コストや確認の手間がかかってくる業務です。勤怠管理システムでは、従来のタイムカードなどを使わず、スマートホンによる認証や生体認証による確認が行えます。また、リアルタイムで勤務集計や残業状況が確認できるので、人事配置の見直しや、人件費の削減に貴重な資料がすぐ手に入ります。 また社内ソーシャルネットワークなどによる社員とのコミュニケーションを図る等、労働衛生法におけるストレスチェック機能を使用することも可能となっています。勤怠管理システムで会社運営の効率化と、労働契約におけるコンプライアンスが達成できます。

企業が勤怠管理システムを利用する理由

勤怠管理システムを導入する理由は様々ですが、大きくまとめるとコスト削減、出金管理、業務改善があげられます。従来のタイムカードなどの廃止はもちろんですが、残業などの正確な把握により人事における適切な配置転換が可能となります。給与計算の際の集計作業もリアルタイムにデータがとれるため、業務改善がスムーズに進みます。 また、社員数が50名を越える企業においては労働衛生法の規定により、産業医の配置や、社員の労働による過剰なストレスが内かどうかのチェックが義務となっています。企業のコンプライアンスを考えるうえでも、勤怠管理における問題も、勤怠管理システムの導入で解決できることが多くあります。情報化社会が進む中で、勤怠管理もシステムによる管理に変えていきましょう。